ぷち文庫

シンギュラリティ:機械(わたし)は最愛のあなたの夢を見るか?

ラノベ×百合×SF
singularity.jpg 著者:大沢朔夜
標準販売価格:540円
2019年3月1日配信開始
 

sample.jpg

※Chrome&Safari推奨

 

Amazon Kindleストア

 
技術的特異点(シンギュラリティ)の世界は、悲劇で始まった。
人類の「進化」を掲げる狂信者たちのテロで、それまでの人類の社会は壊滅してしまう。ネットの中で生き残った知性体たちは、新しい世界の支配を巡って二つの派閥に分かれた。従来の人類の生き残りを「資料」として支配する、《集合体》。それに反旗を翻し、人々の解放を目指す《連合》。彼らは変幻自在のナノマシン兵器を繰り出し、相争う。
 
世界の激変の中、運よく《集合体》に捕まらず生き残った少女・玲緒奈。彼女はその脳を、《連合》のナノマシン兵器に変える。過去のトラウマによる、機械化への拒否感を踏み越えて。彼女の最愛の人――安否不明となった幼馴染・伊織が、生きて《集合体》に捕らわれている可能性を信じて。
「人間を辞めた」ことに苦悩する玲緒奈が、戦いの中で手にする答えは――
 
未来の「人間」を描く、極限のSF戦記。
 
【登場人物】
 
来栖川玲緒奈(れおな)…主人公。神経系の全てをナノマシン兵器に変えて戦う少女。
和井内伊織(いおり)…玲緒奈の幼馴染。世界の混乱の中で安否不明となる。
ハナコ・ジョンスカヤ…《連合》のナノマシン兵器の一機のAI。玲緒奈の戦友。
絹谷瑠実香(るみか)…《集合体》に捕らわれていた少女。玲緒奈の友人。
全地球知性体連合(《連合》)…ネットの中で生き残った知性体たちの派閥。《集合体》からの人々の解放を目指す。
進歩的知性集合体(《集合体》)…肉体を持つ従来の人類たちを「資料」扱いする、知性体たちの派閥。
 
 
【著者紹介】
 
個人事業主です。小説を書いたり、ブログやnoteをやったりしています。
 
そして、この物語で泣いた、世界で最初の人です。推敲のために本作を読み返しているとき、ぼろぼろ泣きました。
それくらい本作は泣けると、ちゃっかり自画自賛させていただきます。
 
2019/03/01 小説・エッセイ   admin
お問い合わせはこちらまで