ぷち文庫

あの時見た夢

「夢の薬」を求めて――
The dream I saw at that time.jpg 著者:郷丈和
標準販売価格:216円
2018年5月26日配信開始
 

sample.jpg

※Chrome&Safari推奨

 

Amazon Kindleストア

 
 不破雅人は、定年間近の大学教授で、動物の細胞生物学の分野では著名な研究者。長寿遺伝子と活性酸素をテーマに研究していたが、ある日、若さを維持する効果を有する化合物を発見する。
 それは、不破が探し求めていた夢の化合物――いつまでも若さを維持し、不老不死とは言えないまでも、健康寿命を延長する効果を持つ医薬品となる可能性を秘めていた。
 その可能性を確固としたものにするため、試験を進める不破。期待通りの結果が得られたことで、次に目指すのは実用化だった。
 実用化に向けて、外部の企業と提携する方法もあったが、不破は自ら会社を設立して、実用化を進める方法を選択した。しかし、資金は思ったように集まらず、苦境に立たされる。
 そんなある日、不破は偶然、村下メグという個人投資家と出会った。不破の話に興味を持つメグ。不破の会社は、メグから投資を受けることになる。
 不破の会社の事業が、本格的にスタートした頃、シンガポールで暮らしていた息子――優人を、日本に呼び戻すことにした。メグは、優人の世話を手伝うことになったのだが……。
 
※この作品はフィクションであり、実在したあるいは現存する人物・団体・国・機関などとは一切関係ありません。
 
2018/05/28 小説・エッセイ   admin
お問い合わせはこちらまで